Monday, August 14, 2017

speedweek 2017, our day 3...


 Go and Sushi, going for their second round.

本日2走目のYスイ氏とGTカミネ氏。



 shinya's first pass of the day.

木村氏は本日の1走目。
 👎 wasn't so great...

結果はいまいち・・・

 Sam-san is finally ready!

ついにSム氏が走る!


going for the second pass. and i messed up the camera setting...

2走目。そしてなんだかカメラのセッティングがいつの間にやら狂っちゃったみたい・・・

 same o' same o'

結果はどーにもこーにも。
Wata is getting ready for the real pass after the rookie run.

ルーキー・ランを終えたWタナベ氏はピットには戻らず現場で調整。いよいよ本気を出す準備中。



shinya is getting ready for the next run in the van. changing jet and etc.

こちらもピットには戻らずチャボバンの中でジェットを換えて3走目の正直に備える。



 SBL and her Aermacchi 250 is about to take off.

SBLちゃんと彼女のマッキ250がちょうどスタートするところ。



Brat Style, Chabott Engineering, and Forty Eight in the starting line.

ブラット・スタイル、チャボ、フォーティ・エイト、みんな連なってスターティング・ラインに並んでいるというレアな1枚。

 Cheetah and Go :D





 shinya and Kristene and her 1953 Triumph♥

 Wes White and Go Takamine


 Chief Crew B

Bチョー

 he's now a bit relaxed.

これ、通常ならムッカリくるWタナベ氏のイェイ、でも塩の上なら許せちゃう。ボンネビル・マジック。


 Go and Masumi

 shinya and Wata side by side at the starting line.

スタートでスパイクと240Zが横並びというドリーミーなシチュエーション。



we all met up on the return road. how rare was that!

リターン・ロードでみんなと再会。こんなこと珍しい。今まで孤独にやっていたのでなんだか華やかで浮かれ気味。




π



 spotted the world fastest Indian. got goose bumps.

あの世界最速のインディアンと遭遇。鳥肌ジンジン。


 back to the pit :D

ピットに戻ってしばし放心。

 Kiyo and Kat stopped by. Kiyo made a front fender on site.

Kヨ氏とKットさんがピットにやって来た。現地で即席でフロント・フェンダーを作ったKヨ氏。


 talking about jet.

ジェット談義。
 today's results were hard to swallow....

本日の結果がなんだか腑に落ちない・・・そんな木村氏。

but gotta pull himself together and getting ready for tomorrow.

さて、気を取り直して明日の準備。やっとここでカメラの設定が狂っていたことに気づいた。





at long last Wata's dream came true 🏁 ...


okaaay. let's make a fresh start. now this of all times. here comes Wata's rookie run.

しゃーーーっ。新しい一日が始まった。仕切り直して今度こそWタナベ氏のルーキー・ラン。







 heavenly place...

スタートの向こう側には何があるのかな・・・

 Wata on the nervous side...

緊張しすぎのWタナベ氏。足の組み方が不自然すぎる💦

 putting some Mooneyes decals next to moon discs :D

ムーンのステッカーを貼り貼り。

 warming up :P

準備運動はしっかりと。

 team Brat Style and Cheetah


showing off their brand new racing gears to each other :D

お互いの新品レースィング・スーツを見せ合うWタナベ氏とGTカミネ氏。

 the time has come...

さて、いよいよ・・・




without chief crew Bucho, Wata cannot fasten seat belts, harness, etc. himself because basically the driver is strapped down to the driver's compartment.

ドライバーは身動きの取れない状態で固定されるので、チーフ・クルーBチョーがシートベルトやハーネスすべてを装着させてくれる。彼なしではスタートできないのでR。





and taking off!!! 
(can't go faster than 150 mph on the rookie run)

キタァァァァ!!! スタート!!!
(ルーキー・ランでは240km以下で走らなければならない)


🏁


on the return road. it was a success rookie run!!

リターン・ロードでWタナベ氏と再会。そして、ルーキー・ランは成功!!

 no words necessary.

言葉では表せない気持ち。感無量とはこのこと。

 Tumbleweed Racers!!


congrats, Wata!! he's no more rookie. let's get back in the line!

ルーキー卒業おめでとう、Wタナベ氏!さあ、今度はレコード目指してまた並ぶぞ!